したたかな女性は王子様を待ってない。

努力していないプリンセスなんていない。幸せは自分で掴み取るもの。

将来後悔しないためのクレンジング方法 

 

 

クレンジングの正しい落とし方知ってますか?

 

ただ落とせばいいと思って

目元をゴシゴシこすって落としていませんか?

 

 

 

 

目元はとっても薄い皮膚でできているので

将来シワや、くすみ、たるみの原因になります。

 今すぐやめましょう。

 

 

お肌を傷つけないメイク落としの仕方を紹介します。

 

①目元は専用リムーバーで優しく落とします。

専用リムーバーがなければ目元のみ

オイル系を使うのもありです。

 

コットンにひたひたにリムーバーをつけ、

30秒ほど押し当てます。

 

30秒たったらこすらないように

ゆっくりコットンを押し当てて落としていきます。

 

スチーマーで蒸気を当てたり

しばらく浴槽に使ってからやると

とっても落ちやすくなりますよ。

 

 

私はまつ毛エクステをしていたり、

がっつりめなアイラインを引いた日は

目元だけ綿棒を使って優しく落としています。

 

 

コットンを折り返し目尻や目頭、目のきわを

優しく押し当ててメイクを落とします。

 

 

Tゾーンに少しずつ、ちょんちょんと

クレンジング剤をのせ、指の腹で

優しくくるくる落とします。

 

下から上に向かってくるくるしていきましょう。

 

 

④ほおから顎にかけて③のクレンジングを伸ばす。

小鼻、口元は皮膚が弱いので

さらに優しく伸ばしてください。

 

 

⑤微温湯であらいながす。

この時もゴシゴシしません。

水を顔につける感じで洗います。

てや指を使って落としてはいけません。

 

 

 

クレンジング中でのマッサージは

肌を傷つける原因に

なるので絶対やめましょう。

 

また、肌は上から下に撫でるのではなく、

下から上にが鉄則です。

肌を引き上げるように、上に上に撫でてくださいね。

 

 

 

お湯の温度も要注意です。

冷水では毛穴が収縮してしまって、

汚れがしっかり落ちません。

また熱湯では肌が乾燥してしまいます。

緩目のお湯で洗うようにしましょう。

 

 

たくさん書きましたが、

習慣化すればそれほど大変なことではありません。

 

 

何年経っても綺麗な肌でいるために

将来後悔しないために頑張りましょう。