したたかな女性は王子様を待ってない。

努力していないプリンセスなんていない。幸せは自分で掴み取るもの。

メイク直しのいらない下地の使い方。

 

 

 

私の使っている下地と使い方について紹介します。

 

 

この下地の使い方をしてから3年ほど経ちますが

きちんと毛穴が隠せますし、

朝から晩までメイクしていても全然崩れません。

ベースの化粧直しはほぼしたことないので

このやり方、とってもおすすめです。

 

 

まず下地は2種類準備。

①毛穴を消したり、テカリ防止をするシリコン系の下地

 

キャンメイクのポアラップジェルがおすすめです。

 

f:id:mkus510mm:20190219141802j:plain

 

手に出した感じは少し硬めで肌色です。

f:id:mkus510mm:20190219142118j:plain

 

伸ばすと透き通ります。

f:id:mkus510mm:20190219142312j:plain

 

 

これを毛穴が気になるところと、

脂で化粧よごれしやすいところに

少量ずつしっかり塗り込みます。

f:id:mkus510mm:20190218214528j:plain

ピンクのところを中心に塗ります。

Tゾーンや顎などのテカリが気になる人は

Tゾーンや顎にも塗ります。

 

 

毛穴にしっかり塗り込むと

ファンデーションが綺麗につきます。

 

 

 

 

②次は肌を綺麗に見せる下地

ピンクから白系の下地を使うと血色よく見えます。

ファンデーションを塗った後のカバー力や保湿力が

下地を塗ることによってぐんっと変わります。

 

オススメはソフィーナのプリマヴィスタです。

f:id:mkus510mm:20190219143536j:plain

 

f:id:mkus510mm:20190219143956j:plain


手の甲にこのくらい出して少しずつ指でとり

画像のブルーの部分を中心に

目の周りから塗っていきます。

 

f:id:mkus510mm:20190218214528j:plain

 

 

目の周りを中心に塗り込み、

余った分をおでこやほっぺ、顎に塗り込みます。

 

これで下地はおしまいです。

 

f:id:mkus510mm:20190220145050j:plain

顔色が良くなったのとくすみがなくなりました。

この時点で毛穴は少しありますが

この後ファンデーションを塗ればなくなります。
 

 

 

2種類使うのはめんどくさいですよね。

でも後々の化粧直しする手間が省けます。

 

 

下地はたくさん塗る必要はなくて

本当に必要な部分だけ塗ることがおすすめです。

 

 

くすみや毛穴、化粧崩れが気にならない部分は

塗らなくて大丈夫です。

その代わり、何も塗っていないところは

日焼け止めをしっかり塗るようにしてください。